おじさんの退避場所

暑い日は家でゴロゴロするのが幸せですよ、もう。外に出ると汗をかくだけですから。今日もゴロゴロ。飼い猫と一緒にゴロゴロ。

室内はクーラーもつけて快適。扇風機も回して冷風を隅々まで届けましょう。カーテンを閉めてお日様をシャットダウンしてなお部屋を涼しく。暗くなったので電気をつけましょう。

1週間録画溜めしておいたTV番組と、買ったけどまだ未開封の映画をのんびり鑑賞。たまにはTVゲームもいいかなぁ……

っていうのは、堕落生活は理想論(笑) 現実は暑っくるしい部屋の中で飼い猫と一緒にくたびれています。

くたびれているといつもかみさんに「暇なら庭の掃除してよ~」ってせがまれてしまいます。

昔はこれを言われたら逃げ道無くて仕方なく庭の掃除をしていたんですけどね、最近は上手い逃げ道ができました。地区放送でよく「屋外での活動を控えてください」というアナウンスが頻繁に放送されるようになったのです。光化学スモッグ影響や、熱中症注意の呼びかけです。

「ほら、屋外での活動控えてっていってるからさぁ」と言って、上手いこと逃げさせてもらっています。本当にありがとうございます、地区放送さん。

しかし結局は、家を追い出されてしまうんですよね、家の掃除の邪魔だということで。昼食後は丁度かみさんが居間を掃除したり洗濯物を持ってきたりして色々使うので居座れないのです。なので私はしぶしぶ外へ。

自室にこもってもいいのですが、自室にはTVもパソコンも無いので暇を潰せるものがありません。読書くらいはできますが、私の部屋は風の入りがわるくて読書に集中できません。

しぶしぶどこに行くかというと、図書館です。ここは素晴らしい天国です。クーラーがしっかりと効いているうえに、静かです。

図書館は自宅からだいたい歩いて2キロほど。近いといえば近いのですが、夏場のような暑い日は2キロでも地獄のような道のりです。なので滅多には行かず、今回のように追い出された場合に退避する時くらいです。

クルマで行くのはまた勿体無い距離です。多分手間的には歩くのとどっこいだと思います。だったら健康的に歩いた方がましかなといった感じです。

しかし図書館というのは、私と同じ年くらいのおじさんが結構いるもんです。見渡すと若い人や高齢の方よりも、中年男性が一番います。もしかして私と同じように家から追い出されてきたのかな?(笑)

エヌワン値引き

まさか女性が

都心のラッシュ時の電車。その中に恐らく3%程度は「痴漢もしくは痴漢予備軍」がいるのではないかと私は考えています。間違われないように対策している男性もいますが。

あわよくばちょっと触ってみたいな、と考える男性はいることでしょう。まあ不思議でもなんでもありません。そりゃあ女性の体がすぐ近くにあるのですから。

理性ある人間としては理解できませんが、動物として考えるのであれば自然なことなのかなと思わないでもありません。

そしてそういう思考というか欲望は、男性のみならず女性でもあるようです。職場の後輩にとてもかわいらしい、と言っては失礼ですが小柄な男性がいます。

顔がまたとてもかわいらしくて(笑)漫画から出てきたようなくりくりのかわいい目をしているのです。何も気がなくても、つい頭をなでなでしたくなる感じです。

本人は男気溢れるいっぱしの営業くんなので、そうやってかわいい扱いされるのがまた悩みなんだそうです。

といっても身長158センチと小柄ですから、周りにいる女性のほうが大きいなんてことがザラにあるようです。学生時代はきになったと言っていました。

もちろん今も気にはなるのでしょうが、それも個性であると自分の中で納得できるようになったんだそうです。人格的にもとても素晴らしい好青年です。

その後輩君が、先日電車の中で「痴女」に遭ったというのです。

小説なんかで出てくることはあっても、まさか本当にいるとは思いませんでした。いわゆる痴漢の女バージョンです。比較してはいけませんが、くの一ということです。

かなり混雑した電車内の入り口付近の角にぴたっと収まってしまった後輩君。周りは背の高い人ばかりで、完全に埋もれてしまったその時でした。

壁伝いに手と思われるものが伸びてきて、お尻をサワサワと触ってくるようなのです。

最初はカバンかと思っていたのですが、どう考えてもお尻をつかまれているような感覚だったといいます。気持ち悪いので手を素早く掴むと、なんと女性の手でした。

恐らく、だそうですが。あまりに細かったので女性だと判断し、しつこくすると痴漢よばわりされるだろうからと、すぐに離したんだそうです。正解だと思います。

そんなことをする女性がいるのが、同じ女性として恥ずかしいですね。後輩君の可愛さも、罪だとは思いますが(笑)