動物の熱中症

暑くてうなだれているのは人間だけじゃありません。動物だって同じです。

うちは猫を飼っているのですが、それはもう、家族の誰よりも暑さにへこたれて一日中ぐったりと寝転んでいます。

基本は居間におり、誰かが居間に訪れるとエアコンの下にちょこんと座り込むんですよ。「クーラーつけて!」って猫がせがんでくるんです。去年まではクーラーをよくつけていたので、「居間に誰かが来る=涼しくなる」という考えをインプットしているのでしょう。

しかし今年はそうやすやすとクーラーはつけません。「クーラーつけないよ!」と猫に向かって言うと、言葉は理解していなくとも何か通じるところがあるのか「ちぇ」といった感じで居間から去っていきます。

居間から去った猫は、いつも廊下で寝転んでます。廊下が家の中で一番涼しいのです。窓が無くて日の光が入らないからなのでしょう。時々私も猫みたいに廊下に寝っころがりたくなってしまうくらいの気持ちよい涼しさです。

さすがに私は思うだけで実際には廊下で寝転びませんが、下の子はたまに猫と一緒にゴロンとしている時があります(笑)

動物園とか行くと凄いですよね。毛だらけの動物はみんなぐったりしていますから。先日も近くの動物園に行ったのですが、みんなあまりにも元気ないもので、ぐったりしているものですから、逆におっかしくてしょうがありませんでした。

しかし、後々知ったのですが、暑さにうなだれている動物を笑うのはいけないことですね。心配しなくてはいけないことです。

というのも、全身を体毛に覆われているような動物は、人間よりもはるかに熱中症になりやすいのだそうです。だらけていて可愛いように思えるのですが、暑さに本当に参ってしまっている危険な状態なのです。

身近なペット、猫や犬だって人間よりも熱中症にかかりやすいといえるそうです。これは大変な事実です。

ペットだけを閉めきった家の中にお留守番させて出かけてしまう人は世の中結構いると思いますが、残されたペットは実は大変なのです。飼い主が帰ってくるまで暑さと生きるか死ぬかの攻防を繰り広げなくてはいけなくなるかも知れないのですから。

ペットを家に残す場合は、カーテンを閉めて日光が入るのを防いで上げたり、室内にも日かげをつくってあげたり、水分補給もしっかりできるようにさせておかなければいけませんね。

タクシー求人

案外役に立つもの

最近購入したもので案外役に立つなあと思ったものが「ペットボトルカバー」です。いつも夫のお弁当と一緒に水筒を持たせているのですが、それだけでは足りなくなりました。

水筒2本というのは結構思いだろうと思ったので、1本はペットボトルにしようと思いカバーを購入したのです。その時に自分用にもひとつ購入しました。

私は職場で飲み物を作るのですぐには使わないのですが、外出時に欲しいなあと思う機会が何度があったのです。

夫はとにかく喉がよく乾く人です。特に病気を持っているわけではなく、やたらと代謝がいいのが原因かもしれません。外出時は本当に困ります。

すぐに自販機で飲み物を買うので、結構な金額になります。その度にお茶ではなくジュースを飲んだりするので、こんな時お茶があればなあと思っていたのです。

ぬるくはなりますが、いちいち買うことを考えればそれぐらい我慢できると思ったのです。

夫と一緒に出かけるときは必須になりましたが、自分一人で外出するときも案外便利だなあと実感しました。ちょっと欲しいなと思うときに我慢せずに済むのです。

こまめに水分補給ができるので、いつもより長くショッピングで歩き回ることができました。そうか、いつもは水分が足りなくて辛くなっていたんだ!とわかりました。

そうなると途端にデザインのかわいいものが欲しくなるのが、女って生き物です。

最初に買ったのは100均で購入したのですが、デザインもそこそこで機能的にも普通に使えるものでした。なので夫はそのままそれで使ってもらいます(笑)

私は外出時にも使いたいので、ちょっとかわいいものを買うことにしました。ロフトや東急ハンズといった雑貨店をまわって見ると、結構な種類があるのに驚きます。

この中から選ぶのはそれはそれで一苦労だなと思いながら、ひとつひとつ見て行きました。

結局、割とナチュラルなデザインのものにしたのですが、値段がそれなりにする分、中に貼ってある断熱シートがしっかりしていました。やはり100円とは違いますね。

100円だとボトルの首の部分が緩かったのですが、それもなくしっかりと結ぶことができました。これなら持って歩いても全然違和感なく使えるなと思いました。

最初に考えてくれた人、本当にありがとうございます。これからも使い続けていきます。