携帯電話のストラップが嫌い

携帯電話にストラップってつける人いますよね? 私、あれ嫌いなんですよ。学生時代から携帯電話を使用していますが、ストラップなんて全然つけていません。

先日、コンビニで買ったペットボトル飲料水のおまけにムーミン人形を面白半分でつけてみたのですが、もう邪魔で邪魔で(笑) ポケットに携帯電話を入れておいたらストラップ人形も中に入っていがいがしてしまうし、折りたたみ式携帯電話なので、使用後閉じようとしたら間に挟まったりして。結局1日で外してしまいました。

昔は、やたらとストラップを携帯電話に取り付けている人いましたよね。ストラップの方が携帯電話の重量より重いなんていう人は結構ざらでした。確か、タレントのベッキーさんだったと思いますが、TVでものすごい数の携帯ストラップをつけていました。あれじゃ携帯電話の方がストラップされてるって感じでしたよ(笑)

今はスマートフォンが幅を利かせているので、大量のストラップを携帯電話につけている人はかなり減ったと思っていたのですが、まだまだいるものですね。街で見かける若者の中に大量のストラップをつけた人がちらほらといます。

あれ、普通に考えて使いにくくないんでしょうか? 「使いにくくないよ」と答えを返したら、絶対嘘だと思います。だって何も無い方が明らか使いやすいに決まってるでしょうに(笑)

学生時代にも、クラスの女子に大量のストラップをつけている人がいたので質問したことがあります。「肩がこるから使いにくいよ~」って言っていましたね。そりゃあそうでしょう。それが正しい答えだと思います。

ここで普通の人は、ストラップは1個、2個が丁度良いという答えを導くのでしょうが、私は先に述べたように、ストラップは一切つけない派です。1個、2個だとしても邪魔で嫌です。

ストラップがあると携帯電話を落としにくかったり、失くしにくいという意見があるようですが、私はストラップをつけていなくても、滅多なことじゃ落とさないし、無くしたことも一度もありません。盗まれたことはありますが(笑)

本気で落としたくなかったり、失くさないためにストラップを活用するとしたら、紐だけつけて、ベルトや服、首に引っかけるくらいのことをしなければ効果は無いでしょう。

ちなみに、同じ理論で鍵にもキーホルダーは一切つけません。じゃらじゃらして、やっぱり邪魔ですから。

ベンツSLクラス

自販機と虫

光に群がりたくなるのは、虫も人間も一緒なのかもしれません。暗闇の中で光をみつけたら、不安の中で希望を見つけたら、光のほうへ行ってしまうのは仕方ないことです。

ですが・・・自販機だけにはどうしても来て欲しくないのです虫さん!夏場は本当に泣きたい気持ちになります。田舎に行くと、小さな虫だけじゃ収まりませんよね。

こんな虫が日本にいたのか、という大きさの蛾なんかもお見かけしたりします。

普段は自販機で飲み物を買うということはあまりないのですが、私用でちょっと郊外に出ることがあります。ペース的には2週間に1度ぐらいなのですが、固まることもあります。

そうなると3日に1度ぐらいのペースで行くことになるのですが、市街地から電車で30分もかからないところなのです。決して田舎というわけではありません。

ただ、自然は溢れんばかりにあるところですので、当然虫さんたちも日々大活躍なさっているわけです。

できるだけ郊外に行く前に飲み物を買っていくようにはしているのですが、たまたま忘れてしまったり、買う時間がないときがあります。そうなると自販機しかないのです。

なにせ残念なことに、コンビニがない地域なのです。駅前にコンビニのない無人駅なので、そこで飲み物を手に入れるには自販機ということになります。

これがまた一苦労なのです。その理由は先ほどから申し上げている虫たちの存在です。

虫が好きだ!という人は少数派でしょう。特に女性は虫が嫌いな人がほとんどです。例に漏れず私もその中の一人なのですが、それでもマシなほうだと自分では思っています。

一応、バッタやカマキリ程度なら触れますし、ゴッチャンとの格闘も行える戦闘力は持っています。ただ、集まる虫がどうもダメなのです。たくさんの群れですね。

小さな虫は集まる傾向がありますから、それを見るだけで鳥肌が立ってしまいます。

その見本市ともいえるものが、夜の自販機だと思うのです。ボタンを押してジュースが出てきて、その取り出し口を開ける時点でかなりデンジャラスです。

虫が集まらない光、とかできないものなんでしょうか。別に息を止める必要はないのに、気合をいれて一番速いスピードで動くために止めてしまいます(笑)

夏場だけの我慢だとわかっていても、嫌なものは嫌ですよね。本当になんとかならないものなのでしょうか。